身長を伸ばす方法

身長を伸ばす方法

成長した人間の身長は足のサイズに比例すると昔から言われてきましたが、実際は子供の時期に手のレントゲンを撮ることで誤差3cmくらいの範囲での身長予測が出来るそうです。

 

そもそも身長はどのように伸びていくのかというと、骨と骨の間にある骨端線と呼ばれる軟骨が破壊と再生を繰り返しながら成長していくことによるものなのですが、一般的にこの骨端線は男性では18歳くらい、女性は16歳くらいで消えてしまうようで、それが消えると身長の伸びも止まるのが普通です。

 

ですので、まだ骨端線があるうちは、より身長を伸ばすことは可能なのです。では実際にその伸ばす方法とはどんなものがあるのでしょうか?

 

牛乳を飲んだり、カルシウムなどのよい栄養をしっかり摂るということももちろん大事ですが、それ以上に最も大事なのは睡眠です。睡眠中に成長ホルモンを最大限に分泌させることこそが骨を成長させることなのです。

 

その為には、夜10時から深夜2時までの睡眠のゴールデンタイムと呼ばれている時間にしっかりと眠る必要があります。成長ホルモンの約9割はこの時間帯の睡眠中に出るからです。

 

では、骨端線も消えて、身長の伸びがストップしてしまった後ではもう伸ばすことは不可能なのかというとそうではありません。それは「隠れ身長」というものがあるからです。

 

隠れ身長とは、姿勢の悪さや、身体に歪みが発生しているとそれにより本来はあるはずの身長が隠れてしまっていることをいうのですが、これによりかなりの大人は実は2〜3cmくらいは伸びる可能性があるのです。

 

ではこの場合の伸ばす方法はどうすれば良いのかというと、姿勢の悪さや体の歪みを取るためのストレッチやエクササイズを行うことが一番手っ取り早く簡単に出来ることです。猫背の人はそれを伸ばすだけでも身長が伸びます。

 

もちろん大人であっても成長ホルモンというのは分泌されますのでやはり良い睡眠を取ることは不可欠ですし、しっかりとリラックスできる時間を持って、心身をのびのびさせてあげることも重要です。

あの東尾理子さんも愛用している成長期応援飲料「アスミール」はこちらの公式HP から購入すると安心&お得!